カメラ

10万円以内で憧れのライカ!Leica X1を選んだ理由

どうも。 たか(@web_creativelab)です。

ついにLeica(ライカ)買っちゃいました。
そう、ちびまるこちゃんのたまちゃんのお父さんが使ってるカメラのメーカーです。

全然買うつもりなかったんですけどね、CURBONのイベントで登壇者の方がLeicaを推してたのでその日に調べて、その日に買っちゃいましたw

LeicaはTwitterでも持ってる人が多く、気になるっちゃ気になるけど高価なので僕には一生関係無いカメラメーカーだと思ってました。

でも調べてみたら意外と買える値段のものもあるんですよね(人気のM10は100万円以上しますが……w)

Leicaと言っても結構な種類があり、10年前のモデルでさえ未だに現役で使えるらしいので、そこら辺も含めると選択肢が多くて大変でしたw

LeicaはOEMが多い

実際に調べてみたらLeicaってパナソニックのOEMが多いんですよねw

特に最近のコンデジはほとんどパナソニック製だと言っても過言ではありません(機種名にLUXって入ってるモデルはパナソニックのOEMらしいです)

お手頃価格のLeica候補

どうせLeicaを買うならパナソニックのOEMではなくLeicaが設計をしたモデルを買いたいと思ったわけですよ。
その中でも安めのモデルをまずはいくつかピックアップしました。

Leica T(TL)

これだけミラーレス一眼の候補です。
アルミの塊から削りだしたボディ、見た目がとても格好いいです。
値段も7~10万円くらいとお手頃。
ほぼほぼこの機種にしようと思ってたのですが、レンズを探し始めたら当たり前だけどレンズが高いんですよねwその為却下。

Leica X2

僕が買ったモデルの後継機、見た目はほぼ変わらずスペックが少し上がったみたいです。
ただまあ2万円位高くなるので、スペックを求めて買うわけじゃないから別にこれじゃなくてもいいかなーと却下。

Leica X-E Typ 102

ここからの3機種はX2からそれぞれ派生したモデルってイメージです。

通称XEはスペックはX2とほぼ変わらず、外観が少し変わって軽くなったモデルらしいです。
その為X2と同じ理由で却下。

Leica X Typ 113(Leica X)

X2のレンズが良くなったバージョン。

『Leica SUMMILUX(ズミルックス)f1.7/23mm ASPH.』ってレンズが付いてます。

ただその分少しレンズが大きいんですよね。
あと単純に高い……10万円超えです。
その為却下w

Leica X Vario

ズームレンズが搭載されたモデルらしい。
ズーム機能は不要だから却下。

Leica X1(発売時の名称はLeica X)

最後にご紹介するのがLeica X1です。
僕が選んだLeicaのAPS-Cコンデジです。
詳細は別の記事で書くので今回は簡単なスペックだけ載せておきます。

  • 発売日:2010年2月20日
  • 画素数:1220万画素
  • 撮像素子:APS-C型CMOS
  • 焦点距離:24mm(35mm換算:36mm)
  • F値:F2.8
  • ISO:ISO100~3200
  • シャッター速度:30~1/2000 秒
  • サイズ:124 x 59.5 x 32mm
  • 重量:286g
  • 中古相場:6~10万円(2019年10月23日現在)

Leica X1を選んだ決め手

って感じで結局Leicaが初めてオリジナルで設計したコンデジ『Leica X1』に決めました。

理由は元々いつでも持ち歩けるスナップ用にAPS-Cの高級コンデジが欲しかったんですよね。286gはメイン機のα7RⅡの半分以下なのでめっちゃ軽いです。

約10年前のモデルなので基本性能は時代遅れですがまだまだTwitterで使ってる人を見かけます。
また『Elmarit(エルマリート)24mm/f2.8 ASPH』というLeicaの高いレンズが付いてるみたいなのでLeicaらしい写真が撮れるみたいです。

さて、ここまで熱弁してますが実はまだ手元に届いていませんw
手元に届いて写真を撮ったら作例をブログにも載せたいと思います。少々お待ちくださいませ~