レンズ

ポートレート用レンズの選び方[初心者向け]

どうも。 たか(@web_creativelab) です。

カメラを始めたばかりの頃ってレンズの種類が多くてどのレンズ買えばいいのか分からないじゃないですか?

そんな人の為に本日はポートレート用レンズの選び方をご紹介します。
ポートレートってわかりますか?そう、人物撮影ですね。人を撮るときに使うレンズです(そのまま)

「どんなレンズでも撮れるじゃねーか」と思うかもしれませんが……その通りです。どんなレンズでも撮れます。

ただ一応ポートレートに向いているレンズというものもあるのでお話させてください。

因みに僕がSONYユーザーなのでEマウントレンズを参考に説明させていただきます(他ユーザーさんでも参考になりますよ)

ではでは、人物写真を撮りたいけど種類が多くてどのレンズを買っていいか分からないって人の参考になれば幸いです。

ポートレート用レンズとは

まず初めにポートレート用レンズとは一般的に焦点距離が85~135mmのレンズを指します(まとめて中望遠レンズとも言います)

理由はこれくらいの焦点距離だと被写体がゆがみづらく、被写体と程よい距離がとれるからです。

ポートレート用レンズの選ぶ5つのポイント

ポイント1:せっかくだから単焦点レンズ

ポートレートで使いたいと明確な理由があるのなら単焦点レンズを使ってみましょう。
もちろんズームレンズの方が様々な焦点距離から撮れて便利ですが、単焦点レンズの方が軽い、安い、明るい、綺麗などメリットが大きい可能性があります。何より単焦点レンズの方が物欲が満たされます!(大事)

ポイント2:せっかくだから瞳AFを活かそう

瞳AF……オートフォーカスのことですね。
SONYの瞳AFは瞳にばっちりピントが合います。

SONYの瞳AFは他社と比較して性能が優れてると言われています。
ポートレートなのにこの瞳AFを活かさないのはもったいないと思います。

※レンズによって瞳AFに対応してないレンズもあるかもしれないです

ポイント3:焦点距離は大きく分けて3種類

はい、この段階で価格.comを覗いてみると27本のレンズが条件(焦点距離が85~135mmの単焦点でAF対応)に該当します(2019年10月15日現在)

それでは次に焦点距離で絞りましょう。
中にはSONY純正レンズじゃないと嫌だという方もいるかと思いますが(僕も最初はそうでした)純正以外のレンズを使ってみると、純正に比べて安かったり軽かったりするので僕は純正以外のレンズでも抵抗がなくなりました。

もちろん純正の方が外観が格好良かったり、AFが早かったりメリットがあると思いますが、ポートレートに関しては動体を撮る機会も少ないと思うのでAF速度は優先順位を低く考えても良いと思います。

さて、ポートレート用レンズの焦点距離は大きく分けて85mm、100mm、135mmの3種類に分類されます(90mmとか110mmとかもありますが近い数値を参考に)
焦点距離による違いは以下を参考にどうぞ↓

ゆがみに関しては85mmでも気にならないことがほとんどです。

狭い室内(スタジオなど)で撮る機会が多い場合は85mm、被写体と距離が欲しい、圧縮効果を活かしたい場合などは135mmみたいな選び方で良いと思います。

ポイント4:F値は重量と相談しながら

焦点距離で絞ったら次はF値を決めましょう。
Eマウントレンズの焦点距離85~135mmではF1.4~2.8の比較的明るめのレンズが多いです。

もちろん明るいに越したことはありませんがF値が小さく(明るく)なるのと比例して重量が増えたり価格が上がるので、自分の腕力とお財布と相談しながらF値を選びましょう。

ポイント5:最後に価格

さて、ここまできたらあとは価格だけです(早い)
幸いSONY Eマウントレンズは種類が豊富です。
ポートレートに向いてるレンズも山ほどあります。

その中から、単焦点、AF、焦点距離、F値を参考にご予算と相談しながらポートレート用レンズを決めましょう!

まああまりこだわりが無いのであれば『SONY FE 85mm F1.8』がおすすめです。

いわゆる蒔き餌レンズってやつなんですが新品が5万円台で買えます(2019年10月19日現在)
去年は8万円くらいしたのでいい時代になりました。

安い!軽い!でも画質も全く悪くない!しかも純正!って感じのコスパ抜群レンズです。

ここら辺の焦点距離のレンズって比較対象が多いんですよね。
各社頑張ってるし、いいレンズが本当多いんですよね。

だから相対的に価値が下がっているってだけで、このレンズ自体はとても良いレンズだと思います。何より安いし。

まとめ

さて、ポートレート用レンズの選び方はいかがでしたでしょうか。

レンズに詳しくなってくると、レンズごとの色味の違いだったり、解像度だったり上記のカタログスペックでは測れない要素もレンズ選びに関わってきます。

ただ、最初の頃はよく分からないと思うので、上記で説明したような条件で絞ってみてみるのも良いと思います。

まあカメラ屋さんで実際に触ってみるのが1番なんですけどねw

おまけ:マクロレンズについて

さて、散々ポートレート用レンズと言っていますが、ポートレート以外にも使えます。
85mmならスナップでも使えますし、135mmなら圧縮効果を活かした使い方だってできます。
マクロレンズであれば花や虫など小さなものを撮れます。

僕自身も中望遠のマクロレンズでポートレートを撮っているので簡単にマクロレンズのメリットデメリットをご紹介します。ポートレートにマクロレンズ、オススメですよ。

マクロレンズのメリット

なんといってもマクロレンズとして使えることですね!(当たり前)
マクロレンズは普通のレンズよりも被写体に寄れるので、最低撮影距離まで寄って背景をボカしたり被写体の一部を切り取った鮮明な写真を撮ることもできます。

マクロレンズのデメリット

レンズに寄るかもしれないですが非マクロレンズと比較するとAFが遅いです。
ただポートレートでAFのスピードが大切な場面はそこまで無いと思うのであまり気にしてません。

あと気になるのは全開放でもF2.8です。
非マクロだと1.4や1.8のレンズが多いので、それと比べるとボケずらかったり、シャッター速度を早くしづらかったりします。

ただ、ポートレートの場合、比較的明るい屋外だったり、撮影機材がしっかりしている屋内で撮ることが多いと思うので(イメージ)まああまり気にしなくてもいいかなって感じです。

また、中望遠レンズなので広角レンズや標準レンズと比較してボケやすいです。

これくらいかな?

それでもポートレート用レンズを決められない人へ

リプやDMで質問していただけたら全力で価格.comから貴方が求めるレンズを見つけます。
どうぞ気軽にお声がけください。